保険の入れ歯でも完成度の高い入れ歯が可能です
保険内で解決できない患者さんもおまかせ下さい

  • 歯科予防
  • 歯科治療
  • お口の健康

トップページ入れ歯について

入れ歯について

保険の入れ歯でも可能な限り品質にこだわっています

基本的に保険内の入れ歯で対応しておりますが、保険の入れ歯には使用できる材料やデザインに制限があります。

材料がレジン(プラスチック材)のため、自費の入れ歯に比べてどうしても分厚くなり、 快適さに欠け、食事の温かさも口中に伝わりにくいという欠点があります。

ですが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりませんし、 保険の入れ歯であっても、ケースによっては自費の入れ歯に匹敵するくらい完成度の高い入れ歯の製作が可能です。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

入れ歯の下記のようなお悩みが保険内の入れ歯ではどうしても解決できない患者さんには、

  • 入れ歯が痛くて食べられない
  • 入れ歯が動いてズレやすく食べにくい
  • 入れ歯が当たって痛いので、調整のために頻繁に歯医者に 通っている
  • ベタベタくっつく入れ歯安定剤で食べ物の味が悪くなる
  • 話しているときに入れ歯が外れるのが気になる
  • 入れ歯の厚みでしゃべりずらい
  • 入れ歯を大きくすると吐き気がする
  • 入れ歯を入れると異物感があり入れられない

インプラントオーバーデンチャーという方法を行なっています。

インプラントにマグネットアタッチメント (磁石)という装置を組み込むことで非常に安定感がある入れ歯を作製しています。

このシステムを使用することで、多くの入れ歯の問題点を解決できる可能性があります。

インプラントオーバーデンチャー

下顎の入れ歯(特に総義歯)はお食事中に舌が動き、入れ歯が不安定になるため、 食べ物が入れ歯の内面に入り込んで歯肉が痛くなったり、粘膜がこすれて痛くなりやすいといった大きな欠点があります。 また、入れ歯は噛めば噛む程歯肉や粘膜に食い込むので、硬いものを食べると歯肉や粘膜が痛くなります。 また、合わない入れ歯を長期にわたり使用していると、顎の骨がやせていきます。
そうすると、ますます入れ歯が安定しづらくなります。

しかし、インプラントを使用すると、入れ歯が過度に動かなくなり、 歯肉や粘膜に沈み込まないので硬いものでも劇的に噛めるようになる方もいらっしゃいます。︎
多くの患者さんは驚かれ、食事が快適にできることに感動されます。
インプラントを用いることで、入れ歯のデメリットはかなり払拭されるのです。

マグネット用のインプラントはサイズが小さく出来ています。
したがって、骨の幅の比較的薄いところにも入れることが可能です。
骨が痩せてしまって諦めている方も、マグネット用のインプラントなら十分に入れられる可能性があります。
また、インプラントをたくさん埋入する必要はありませんので費用も抑えることができます。
※インプラントを使用せずに、患者さん自身の歯根を利用したマグネットオーバーデンチャーもご提供できます。(保険外)

マグネットオーバーデンチャーの仕組み

残っている自分の歯の根に磁性金属をうめこみ、入れ歯側に超小型磁石を取り付け、 義歯を磁石によりピッタリ吸着させます。
金属製の留め具もないので、見ためにもきれいです。
※歯の根の部分が残っていない方は適用できません。

マグネットオーバーデンチャー