歯の根の中をしっかりと治療
当院は最新のマイクロスコープを導入しています

  • 歯科予防
  • 歯科治療
  • お口の健康

トップページ根管治療

根管治療

神経にまでむし歯が進行すると、やがて神経が痛んで化膿し、 場合によっては顔が腫れたり、細菌が全身にまわり熱が出ることがあります。
この被害を食い止めるために、歯の神経を取り除く治療が必要となります。

神経の治療は、痛んだ神経を取り除き、消毒をおこない、 細菌が入らないよう歯の根に防腐剤を詰め密閉する処置を行います。

神経を取り除いてしまえば、痛みは治まりますが、 治療を途中で中断すると根が腐ってしまったり、 むし歯が進行して根がぼろぼろになり、最後には抜歯になってしまいます。
そうならないために歯の基礎の部分である歯の根の中をしっかりと治療しなくてはなりません。
そのため、どうしても時間と回数がかかります。どうぞご了承ください。

歯の神経 歯の神経

歯の神経

歯の神経

歯の神経

※当院の根管治療は必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

歯の根の中にある管(根管)は非常に細いため、肉眼で見える範囲は限られています。
そのため根管治療はこれまで手探りで行なわれてきました。
しかし、マイクロスコープがあれば肉眼では見えないところまで見えるようになるため、 きちんと歯の中の様子を確認しながら治療を進めていくことができます。

マイクロスコープは日本の歯科医院では4%程度しか導入されていませんが、 アメリカの根管治療を行う専門歯科医院の場合は98%がマイクロスコープを導入しています。
当院もできるだけ精密な治療を患者さんにご提供するために、 最新のマイクロスコープを導入しています。

近年は脳外科や眼科など幅広い医療分野で当然の様にマイクロスコープが使われるようになってきています。 大まかな目安としては1mm単位で患部を観察する時は、マイクロスコープが有効であると言われています。 そして歯の治療はまさに1mm以下のスケールでのこだわりが治療成果に大きな違いを生み出します。

マイクロスコープ

設備紹介 マイクロスコープのページへ