自らの歯を使った移植治療
当院は高精度な治療で非常に高い成功率を誇っています

  • 歯科予防
  • 歯科治療
  • お口の健康

トップページ歯牙移植と歯牙再植

歯牙移植と歯牙再植

むし歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった場合には、ブリッジや入れ歯、 インプラントなどで抜けた歯を補い、元の状態に近い状態にします。

その際、もうひとつの治療法として、歯牙移植があります。

治療法は別のところにある歯を必要なところに移植する方法です。
移植をする歯牙は、噛み合わせに関係の無い親知らずを移植します。
また、他の人のものではないので、拒否反応やウィルスの感染といったリスクはほとんどなく、 成功率は高い治療法です。

歯牙再植とは、従来だと抜歯をするしかないような、根管治療では治せない歯に対する最後の切 り札的な治療法で、治療のため戦略的に一度抜いてまた戻す方法をいいます。

例えば、歯の根の部分に大きな病巣ができていたり、 通常の根の治療では治らないようなときに、一度わざと歯を抜いて、 細菌感染したところなどを取り除いたり、病巣をきれいにしたりしてから、元の場所に戻す方法です。

また、むし歯が歯肉の深いところまでできているときなどに、 一度歯を抜いてから歯の向きを90°または180°向きを変えて、 むし歯によって感染した歯質を歯肉よりも上にもってくるようにして再植する方法もあります。
自らの歯を使った治療のため安全性が高く、噛む感触もしっかりと残すことができます。

当院では高精度な治療を行ない、非常に高い成功率を誇っています。
歯を抜きたくない、自分の歯でいつまでもおいしく食事をしたい、とお悩みの方は是非ご相談下さい。

異なる部位の歯を移すのが移植

抜けた歯を元にもどすのが再植