歯医者さんを好きになってもらえるような治療
食・呼吸・姿勢で育てる、守る

  • 歯科予防
  • 歯科治療
  • お口の健康

トップページ小児歯科医師としてのメッセージ

小児歯科医師としてのメッセージ

初めての方へ

「泣く子どもが無理なく、楽しく受診をするために」

当院では、「むし歯がある箇所を削るだけ」という治療は決してしません!

お子さん1人1人の成長に合わせた治療を行なっています。

歯医者さんを好きになってもらえるような治療を心がけています。

「初めは泣いても大丈夫です!」

親御さんにとってもお子さん本人にとっても、安心して治療を受けてもらえるように、 初診時に泣いてしまう、治療を嫌がってしまう場合は、お母さんの膝上で検診を行います。

特に3歳未満のお子さまの場合は、泣いてしまうこともよくあります、 むしろ当院では初めは泣いてしまう事は当たり前だと考えております。
親御さんにとっては「自分の子どもが診療中に泣いてしまって、 他の人に迷惑をかけないか心配・・」などと思われる方も多いかと思われますが、 当院ではそのような心配をする必要はありません!
当院にご来院いただく方はお子さんが多く、周りの親御さんも同じように経験をされている方ばかりです。

また、当院スタッフもお子さんの対応には経験も豊富ですので、安心して治療を受けて頂ければと思います。 但し、当院では、歯科を受診するということを通じてお子さんの自立を目標にした歯科治療を行なっていきたいと考えており、 初診時以外は基本的に「母子分離」で行なわせていただいています。

あなたのお子さんは一人で治療することができますか?

厳しい言い方になるかもしれませんが、通常の歯科治療には、 保護者の方が一緒でなければできないような治療はひとつもありません。

「一人で治療ができた」という自信はお子さんが成長していく上で必ず財産になります。

当院はただ治療をするということだけではなく、お子さんの「心の成長」にも一役買えるのではないかと考えています。

※院長は、歯学博士(小児歯科)です。安心してお任せ下さい。


また、当院では、小児歯科において最も大切にしている考え方があります。
それが、3Sというものです。

3Sとは?

「食・呼吸・姿勢で育てる、守る」
多くの歯科医院ではお子さんのお口の中でむし歯が見つかった場合には、 その部分だけを治療しておしまいという事が多いと思います。
もちろん、当院でもお子様のお口の中にむし歯が見つかった場合には、痛みがある場合には、 痛みがなくなるように治療をします。

しかし、当院ではお子さんが歯医者さんに来ることは「一つの教育」だと考えております。
それが3Sという考え方です。

  • 食:食生活・噛む・飲み込む~食が健康な口や身体を育てる~
  • 姿勢:口と体の姿勢~姿勢が食と呼吸にも影響を与える~
  • 呼吸:鼻呼吸(×口呼吸)~呼吸が飲み込みと姿勢に影響を与える~

このような考えを持って、お子さんの歯の治療をしている歯医者さんは全国的に見ても多くはありません。

※鼻呼吸の重要性
本来、老若男女を問わず人間の構造上、鼻で呼吸をするようにできています
鼻から息を吸うことで鼻の繊毛や粘液でウイルスや汚染物質の侵入を防いだり、 鼻で空気を吸うことで空気が体温近くまで温められたりしますが、 口呼吸では冷たい外気のまま肺に届き、肺の免疫力が低下し、 肺にかかる負担が増えて風邪を引きやすくなるなど、ウイルスに感染しやすくなります。
せっかく加湿器や空気清浄機を部屋に備えていても、 口呼吸をしていると口、気道、肺が乾燥し、その効力が薄れてしまいます。

また、鼻呼吸は口の中の唾液の分泌を促します。
唾液の中には、ウイルスの活性化や感染性を抑制する物質が存在します。
しかし、口呼吸で口の中が乾燥すると口の中や喉の奥にいる細菌が増殖し、 それから出る酵素がウイルスを活性化させ、口臭やむし歯、歯周病に感染するリスクが高まります。

鼻で呼吸

当院では、単に痛くなったら、むし歯になったら歯医者さんに行けば良いという考えではなく、 歯医者さんにお子さんを連れていくことは、 ある意味では学習塾に通わせるのと同じくらい大切なことだと思っております。