事前にCTにて患者さんの口の中を撮影、分析
シミュレーションを行ない安全な治療を行なっています

  • 歯科予防
  • 歯科治療
  • お口の健康

トップページインプラント

インプラント

「インプラントには興味があるけど、手術が怖い」と、治療を敬遠している方はいませんか?
当院では手術の際、ドリルをほとんど使わないインプラント法を導入しています。

これは特殊な器具を使って、優しくゆっくりインプラントを埋入して行く方法であり、 骨をほとんど削らないので、出血も腫れもあまりありません。

インプラント

当院のインプラント治療では事前にCTを使って、患者さんの口の中を撮影、分析。
あらかじめコンピュータ上で手術のシミュレーションを行ない、 より精度の高く安全なインプラント治療を行なっています。

あらかじめ口の状態を知っておくことで、今まで手術が難しかった難症例への対応や、 手術時間そのものの短縮につながります。
もちろんCTの被爆量はほとんどなく、どなたでも安心して撮影を行なうことができます。

他院で「骨が少ないのでインプラントはできません」といわれ、 インプラント治療を諦めている方はいませんか?
当院ではそのような顎の骨が薄い方へのインプラント治療も数多く手がけています。

※当院の院長は日本口腔インプラント学会認定研修修了歯科医師です。

また、当院では必要に応じてCGF(濃縮血小板フィブリン)を使用したインプラント埋入手術を行なっています。

濃縮血小板フィブリン分離用卓上遠心分離器のページへ

CGF応用インプラント埋入手術

インプラント手術の際、骨や歯周組織の再生療法を実施することで骨が少ない方でも治療が可能になるケースも多いです。

CGF治療とは、骨や歯茎などが足りない場所に 血液を特殊な遠心分離器にかけてできたゲル状のフィブリンと濃厚血小板をいれて再生を促すものです。
CGFは患者さんご自身の血液を専用の遠心分離機にかけることで抽出されます。

添加物を一切用いない完全自己血液由来の血小板や成長因子を多く含んだフィブリンゲルなので他の骨補填剤と違って骨組織、歯周組織の再性能が高く、 短期間で組織が完成し、なおかつ自分の細胞を使う事によって術後の感染などの心配がありません。

血小板に含まれている創傷治癒能により手術後の傷を早く治すことができたり、CGFの優れた粘着能により人工の骨補填材のかわりに使用したり、 人工のメンブレン(骨を増やすための膜)のかわりに使用したり、骨を同時に増やすインプラント治療を行ったりと、様々な用途に使うことが可能です。

そのため、他院にて骨が薄いためインプラントを断念された患者さんにも対応しております。

  • インプラント手術
  • インプラント手術