厚生労働省認定 かかりつけ強化型診療所

きし歯科ファミリークリニックは
大分市賀来にある歯科医院です。

  • 歯科予防
  • 歯科治療
  • お口の健康

トップページ設備紹介CADIAX(キャディアックス)

CADIAX(キャディアックス)

CADIAX(キャディアックス)とは、ウィーン大学名誉教授のProf. R. Slavicekの理論に基づいて開発された「顎機能咬合診断診療プログラム」です。
キャディアックス(下顎運動測定装置)により得られたデータをコンピュータにより解析し、患者さんの持つ個々の骨格形態を分析して、咬合器の設定~最終補綴物を製作するまでのシステムです。
主に矯正治療、顎関節症治療に応用します。

 

・口の開け閉めをすると、顎がガクガクと音がなる。
・顎の周りの筋肉や関節が痛い。
・頭痛や腰痛、肩こりがひどい。

 

このような顎や体の不調を感じたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

これらの症状は噛み合わせの悪さが原因となっているケースも多く、中には歯科治療後にこのような症状が出るようになったと相談に来られる方もいます。

 

「噛み合わせ」はすべての歯科治療にかかわる基礎的な分野ではありますが、実は非常に奥深く、まだまだ科学的に解明されていない部分も多いため、ほとんどの歯科医院では歯科医師個人の勘と経験に頼った治療をしているのが現状です。

 

ゴールの見えないまま試行錯誤で治療を進めていては、歯は悪くなる一方です。

 

当院では、可能な限り科学的に正確な治療を行なうため、今まで勘や経験に頼っていた診断を客観的データとして数値化し、治療のゴールを明確に設定したうえで治療を開始させていただいております。

 

※当院の噛み合わせの診査について

 

噛み合わせ治療において非常に重要となるのが、その人本来の正しい噛み合わせの位置はどこにあり、今現在その噛み合わせの位置からどのぐらいズレているのかといった数値を正確に把握することです。

 

また噛み合わせがズレている場合は、そのズレが口腔内にどのような影響を及ぼしているのかも診査する必要があります。

 

当院では、CADIAX(キャディアックス)を使用し、顎が本来あるべき位置から何ミリずれているかといった数値データを3次元で細かく測定・解析しています。

 

CADIAX(キャディアックス)は取扱いが難しく高度な技術と知識を要するため、日本では導入している歯科医院は数件しかありませんが、確実で正確な噛み合わせ治療のためには必須の検査であると考えています。

 

 

2020年03月03日 更新