乳歯のうちに正しい噛みあわせに誘導します
必要最小限の装置で効率的な矯正を行います

  • 歯科予防
  • 歯科治療
  • お口の健康

トップページ小児矯正

小児矯正

お子さんの歯を抜くことがないように顎の成長利用した矯正方法

噛み合わせや顎が正しい位置からずれてしまっている、いわゆる悪い歯並びの状態を「不正咬合」といいます。
ひとくちに不正咬合といっても、出っ歯や受け口といわれるもの、すきっ歯や噛み合わせがずれているものなど様々な種類があります。

近年では日本人も小顔になり、それに伴い顎の大きさも小さくなって歯がきれいに並ぶスペースがなくなってしまい、 歯が重なり合ったりデコボコに生えてしまう叢生(そうせい)といった症状も増えてきています。

その他にも、幼少期の指しゃぶりや上下の顎のバランスなど、いろいろな原因により不正咬合が引き起こされます。

  • 正常

    正常

  • 上下顎前突

    上下顎前突

  • 下顎前突

    下顎前突

  • 出っ歯

    出っ歯

  • 小顎症

    小顎症

当院の小児矯正では、乳歯のうちに正しい噛みあわせに誘導します。

奥歯の乳歯に被せ物をすることで、あごを正しい位置に誘導するオーバーレイと呼ばれる治療法を行っています。

症例によって、銀歯の場合やプラスチックの被せ物の場合があります。
CADIAXを用いた精密検査で不正咬合の原因である顎の位置を診断し、 顎を正しい位置に誘導するための誘導面(ガイダンス)がオーバーレイの噛み合わせ面に付与されています。
これによって、日常生活を送りながら、少しずつ顎の位置が正しい位置に誘導されていきます。

顎の位置が正しく誘導されていないと、いくら歯並びだけを整えても後戻りしやすくなったり、 根本的な原因が解決されていないために問題が生じたりします。
『顎を正しい位置に誘導する』という考え方がこの矯正の最大の特徴です。

従来からある顎外固定装置(頭にバンドなどをつける装置)や可徹式矯正装置(取りはずし式の装置・床矯正装置)は お子様に対する負担が大きかったり、装置をつけていないと効果が発揮できないのが現状でした。

顎外固定装置・可徹式矯正装置 ※当院ではこのような装置を使用しません。

  • オーバーレイ治療
  • 矢印
  • オーバーレイ治療

しかしオーバーレイ治療は、見た目の問題や、取り外しといった手間がないので、 お子様に対する負担がほとんどありません。

単に出っ歯を引っ込める・受け口を引っ込める・ガタガタを並べる、というのは歯列の水平的な問題ですが、 それだけでは不正咬合の原因は解消されることは少ないのです。 不正咬合の原因である垂直的な問題・顎の位置を改善するという根本治療を行うことが必要です。

オーバーレイを装着すると、一時的に前歯が開いた状態(開咬状態)になりますが、 小児は顎の適応力が旺盛なため数ヶ月で前歯の開きがなくなります。 これは顎が正しい位置に誘導されてきているということです。

開咬状態でも食事等の日常生活は問題なく行なえます。 オーバーレイは、お子さんやご家族の方に余分なストレスをかけることなく、 必要最小限の装置で効率的な矯正を行なえるようにと考案された方法です。

矯正治療でお子さんの未来を輝かせませんか?

矯正治療でお子さんの未来を輝かせませんか?