抜歯することなく審美性と口腔機能の回復を可能に
当院の矯正治療は、基本的に抜歯を行いません

  • 歯科予防
  • 歯科治療
  • お口の健康

トップページ成人矯正

成人矯正

矯正治療(抜歯しない矯正)

矯正は、見た目を良くするということも当然ありますが、歯並びの悪さは、 美容の問題以外にも不正咬合、発音障害、むし歯、歯周病などの原因にもなります。

また、義歯を作製する際、歯並びを治さないと義歯を装着できない場合があります。

歯には、力を加えるとその方向に移動する性質があります。
矯正治療とは、その性質を利用して口の中に様々な矯正装置を入れて 歯に一定の力をかけ時間をかけて歯を動かして治療していくものです。

一般的な矯正治療において、歯を動かすスペースを確保するため、 小臼歯を抜くことが多く行なわれていますが、当院の矯正治療は、親知らずを除き基本的に抜歯を行ないません。
噛み合わせや口腔機能の回復を考えた時、小臼歯を抜歯することは問題を発生させる原因になる場合があります。

当院では、CADIAX(キャディアックス)を用いた顎関節機能の検査や模型分析、 顎顔面骨格の診査を詳細に行なうことにより、 小臼歯抜歯や外科手術することなく審美性と口腔機能の回復を可能にした矯正治療を行なうことが出来ます。

CADIAXについてはこちら

矯正装置種類

メタルタイプ

もっとも一般的な矯正装置です、金属で出来ているので丈夫です。
最近では、装置自体が小さくなっているので目立たなくなっています。

メタルタイプ

セラミックタイプ

歯の色に近いセラミック製のブラケットを使用していますので、矯正治療中でも目立ちにくいブラケットです。
ブラケット矯正は長期間行なう治療ですので、当院では見た目も重視したセラミック製のブラケットをお勧めしております。

セラミックタイプ

※当院では限られた症例において、マウスピース矯正を行なっております。

マウスピース矯正

歯の移動が大きい症例などにはマウスピース矯正は不向きです。

当院で行なっているマルチブラケットを使った矯正治療では、大きく動かす歯と動かさない歯を厳密に分け、 動かさない歯を固定源にして、動かすべき歯に矯正力をかけていきます。

しかし、全ての歯にかぶせて使うマウスピースを用いた矯正治療では、動かす部分とそうでない部分を明確に分けることが難しく、 大きく動かす必要がある症例では目指すゴールに辿りつくことができません。

そのため、八重歯が目立つような乱ぐい歯や、著しく前歯が前突しているような歯の大きな移動が必要となる症例、 さらにはねじれた歯を大きな回転させたり、伸びた歯を押し込んだりする必要がある症例、 骨格的なずれが大きい症例などには、マウスピースを使った矯正治療は不向きです。
同様に、乳歯列期や混合歯列期の成長予測が難しい症例にもマウスピース矯正は薦められません。